« 三つの分岐路 | トップページ | 生命の核融合 »

2018/07/15

MCTによるメスバウアー実験

ヴィソツキー博士は大腸菌や酵母だけではなく共生培養菌のMCTを使用してメスバウアー実験を行なっており、その論文は『生体系における同位体の元素転換と核融合』に収録されている。その実験結果によると、MCTによる元素転換反応によって乾燥菌体1g当たり9.45×10^-5gの鉄57が生成されたという。

ここで少し簡単な計算をしてみよう。鉄57の原子質量単位は56.9353983uであり、1u=1.66053873×10^-27kgである。すると鉄57の原子1個の質量は9.4543431×10^-23gになり、9.45×10^-5gの鉄57の原子数は10^18個、すなわち100京個に相当する。

MCTの実験期間は20日なので、1日に生成された鉄57の原子は5京個、1時間では2083兆3333億個、1分では34兆7222億個、1秒当たり5億7870万3700個の鉄57の原子がわずか1gの微生物の中で生成されたことになる。つまり1秒間に数億レベルの元素転換反応が生じているということである。

にわかに信じられないこの事実が示していることは、鉄57は偶発的に生成されたのではなく、微生物が特定の目的の下に組織的かつ継続的にフリタージュ反応を実現させるシステムを構築したということである。

問題はそのようなシステムがどこに存在するのかということだが、これまでの知見を踏まえて検討してみることにしよう。

|

« 三つの分岐路 | トップページ | 生命の核融合 »

コメント

鉄を扱ったことに興味ありです、
どこにでもあるとはいえ、工業資源という観点で考えるとなかなか手に入りにくいのかなと。。
しかし今回の現象が本当であれば、ある種の発見につながるかと思います。
量子生物学につながる可能性性も、、、

投稿: 吉野 | 2018/07/25 20:58

コメントありがとうございます。
ドクターの研究を実際に検証する方法はあると思います。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: Frittage | 2018/07/25 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158760/66944320

この記事へのトラックバック一覧です: MCTによるメスバウアー実験:

« 三つの分岐路 | トップページ | 生命の核融合 »