« 成田から甲府へ | トップページ | 上野から羽田へ »

2017/12/08

イベントの顚末

11月24日、この日はAM10:30からホテルのロビーで七沢研究所のスタッフとのミーティングが行なわれた。ドクターに研究開発を依頼する内容だったが、日本とは異なりロシアやウクライナではわりと契約書の文面を重視する傾向があり、綿密な協議が行なわれた。

昼食を取ったあとは七沢研究所に移動して、さらにプロジェクトの詳細な検討が行なわれ、本契約の締結に至った。その後は明日東京で行なわれるイベントに関する打ち合わせがあり、夕方には再びホテルに戻ってスタッフの方々と夕食を共にした。

11月25日、AM10:00にホテルをチェックアウトし、私たちは甲府から上野に向かった。上野駅に着くとまず予約していたホテルに向かうが、案の定なかなか見つからない。さんざん歩き回った末にようやくドクターのホテルを見つけてチェックインの手続きをして、次に数百メートル離れた私のホテルに向かった。その後、私たちは七沢研究所のイベント会場を目指して歩いていくが、なかなかの距離があった。

イベント会場に着くと講演関係者であることを伝えて中に入れてもらい、今回一緒に講演を行なう久保田博士やスタッフの森田氏と合流した。久保田昌治博士はウォーターデザイン研究所の所長であり、活性水や機能水に関する研究のオーソリティーである。夏にお会いしたときにはあまりお話できなかったが、久保田博士はドクターの研究に強い関心を持たれていた。すでに『MRETウォーター・サイエンス』を七沢研究所からもらっていると思っていたが、読まれていないようなので持参していた二冊を差し上げた。

夕方になって私たちの講演は始まったが、どちらかというとパネルディスカッションのような形でそれぞれがコメントしていき、「水・ミネラル・元素転換」というテーマが語られた。さすがに1時間では本質的な議論は難しかったが、私たちなりの役割は果たせたと感じている。

イベント終了後は久保田博士と森田氏を初めとするスタッフの方々と夕食を共にしたが、ドクターはイベント会場で遅い昼食をとったためにあまり食が進まなかったようである。

夕食後にドクターは自分のホテルに戻ったが、私は別のスタッフと合流して二次会に行く流れになった。そこで終わりかなと思ったのだが、今度は浅草に移動して三次会が始まった。彼らにしてみれば会社のイベント終了後の打ち上げかもしれないが、私は明日ドクターを送らなければならない。適当に話を合わせてはいたが時間だけが気がかりだった。

ホテルに帰り着いたのはAM1:30だった。明日のことを気にしながらもまどろむ意識は沈潜していった。

|

« 成田から甲府へ | トップページ | 上野から羽田へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158760/66135703

この記事へのトラックバック一覧です: イベントの顚末:

« 成田から甲府へ | トップページ | 上野から羽田へ »