« 東京講演会 | トップページ | キャプテンフューチャーとフリタージュ »

2016/12/02

MRETアクティベーターについて

ヴィソツキー博士の講演会の終了後に数名の参加者の方から話しかけて頂いたことは普段孤独な作業をしている私には特に印象深いことだった。できれば時間の許すかぎりお話したいところだったが、挨拶程度でお別れしなくてはならなかったことは心残りではあった。

その後、七沢研究所の方々と夕食を共にしたあと、ホテルの前で羽田空港に向かうリムジンバスに乗りこんだドクターを見送った。後に届いたメールによると羽田発の飛行機が遅れたため、キエフまでの乗り換えも大幅に遅れが出たそうである。

ようやくゆっくり寛げると思ってホテルに入ったところ、スマホに何件かメールが届いていた。驚いたことに、それはつい数時間前の講演会に参加された方からのMRETアクティベーター注文のメールだった。

MRETアクティベーターについては、かつては小冊子『MRETウォーター』も作って普及販売していたが、研究内容の無断盗用が続発したためにこのブログでは情報公開を中止している。ヴィソツキー博士の研究に対するリスペクトもなく目先の利益のために無断で情報を流用しようとする者がいるかぎり、この方針を変えるつもりはない。しかしMRETアクティベーターの購入者には難しい理論はともかく、実践的な面で適切なサポートをしていきたいと考えている。

また皆さんもご存じのとおり、アメリカ大統領選以降に為替レートが急激に変動している。為替レートが10%も変動すると商品だけでなく輸送コストも高騰するため、来年以降はMRETアクティベーターを値上げせざるをえないかもしれない。年内にご注文頂いた方は現行の価格のままなのでご安心頂きたいが、来年以降は価格を改定する予定なので、購入を検討されている方にはご了承頂きたい。

|

« 東京講演会 | トップページ | キャプテンフューチャーとフリタージュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158760/64573160

この記事へのトラックバック一覧です: MRETアクティベーターについて:

« 東京講演会 | トップページ | キャプテンフューチャーとフリタージュ »