« キャプテンフューチャーとフリタージュ | トップページ | ローマの中空十二面体 »

2016/12/20

MRETスタンド

ヴィソツキー博士の講演会以降、様々な方からMRETアクティベーターのご注文を頂いている。その活用方法についてはひととおりお伝えしていると思うが、創意工夫してMRETウォーターを楽しんで頂きたい。

たとえば年末にかけて大掃除をされる方も多いと思うが、MRETウォーターには雑菌の繁殖を抑制する効果もあるので拭き掃除には最適である。ただし寒い時季の水掃除は辛いという方はスプレーに入れたMRETウォーターを吹きかけてウエスで拭き取るという方法でもよいと思う。汚れたウエスは漂白剤を加えたMRETウォーターに浸してから乾燥させれば臭いも抑制されるので試してみて頂きたい。

また化粧水や健康飲料を活性化させたいという方もいると思うが、いちいちアクティベーターの容器に移し変えるのは手間もかかるしロスも出る。そのような場合は以下のMRETスタンドを参考にして頂きたい。

Mreta左の画像は綿棒のケースを加工して作ったものだが、発信体の直径は5cmなので、同じ大きさの穴を底にあけて蓋の枠を接合させるとこのようなスタンドになる。

ただしこれでは小型の容器に入ったものしか活性化できないので、アクリル板を使ってもう少し大きなスタンドを試作してみた。

Mretc左がそのスタンドだが、180×320mmのアクリル板を加工して六本脚の形に仕上げている。

一辺30mmの六角形が発振体の周囲に外接しており、脚の部分はアクリルヒーターによって曲げ加工を行なった。これならかなり大きい容器にも対応することが可能である。

発振体の重さは約250gだが、六本脚なので2mm厚のアクリル板でも強度は十分である。ただし四本脚にする場合はもう少し設計を変える必要があるだろう。それぞれの用途に合わせて参考にして頂ければ幸いである。

|

« キャプテンフューチャーとフリタージュ | トップページ | ローマの中空十二面体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158760/64650431

この記事へのトラックバック一覧です: MRETスタンド:

« キャプテンフューチャーとフリタージュ | トップページ | ローマの中空十二面体 »