« 奈良観光 | トップページ | 第2回フリタージュ会議 »

2016/06/10

形あるものの彼方へ

5月28日、AM9:00にホテルをチェックアウトしてフリタージュ会議を行なうビルに向かうと、すでにドクターが到着していた。会議の開始まで時間があるので、ビルの事務室に荷物を預けて再び観光に出かけた。

まずは東大寺に向かい、仏像ミュージアムに入った。昨日訪れたときは夕方だったので閉館していたが、今日はゆっくり鑑賞することができた。ドクターは一つ一つの展示物を眺めながら、ときおりこれは当時のものか、それともレプリカなのかと尋ねてきた。

続いて奈良国立博物館に向かい、様々な仏像を鑑賞する。これまで仏像に特に興味はなかったが、歴史的な作品を目にすると、やはり何かが伝わってくるような感覚をおぼえる。それはおそらく現代の私たちには失われた、崇高な存在を希求する志ともいえるものだろう。ある意味では宗教的支配の道具として利用された側面もあるのかもしれないが、それでもその根底にあるものはゆるぎない祈りの心である。

博物館の二階で少し休憩したあと、会議の準備を行なうためにビルに戻った。すでにプロジェクターとスクリーンが会議室に準備されていたのでドクターがパソコンを接続するが、スクリーンに画面が投影されない。マニュアルがなかったのでプロジェクターの使い方がわからなかったが、しばらく使ってみると何となくわかってきてパソコン画面が投影されるようになった。とりあえず会議の準備も整った形である。

|

« 奈良観光 | トップページ | 第2回フリタージュ会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 形あるものの彼方へ:

« 奈良観光 | トップページ | 第2回フリタージュ会議 »