« MRETブックレット | トップページ | CASとMRET »

2009/08/07

新たなる水の流れ

8月1日、ようやく『MRETウォーター』の完成品が届いた。
これまで予約されていた方はお送りしている振込用紙で随時お申し込み頂きたい。郵便局から通知が届きしだい発送する予定である。
ちなみに今回は初回分として100部制作している。当面在庫は十分にあるが、何冊か必要な方は早めにお知らせ願いたい。

これまでのフリタージュ・ブックスの制作を通じて思うのは、お申し込み頂いた方とそうでない方との相違である。
たとえばケルヴランの『生物学的元素転換』についてもそうだが、元素転換説を全く信じない方はまず申し込むことはない。それはそれで結構なのだが、不思議なことに元素転換説を完全に信じきっている方も私の本を読もうとはしないのである。

おそらくそのような方は、「そんなことは読むまでもなく、私は十分理解している」と考えているのかもしれない。そしていまさら人に学ぶことはないと思っているのだろう。もちろんそれは個人の自由ではある。私は縁のある方だけに手にしてもらい、そこから何かを汲みとって頂ければそれで良いのではないかと思っている。そして今回の著作もそのような形で受け入れられることになるのだろう。

水はしかるべく流れる方向に流れてゆき、しみこんでいく所に浸透していく。それを受け入れる土壌だけがうるおい、生命を育む場所となりうる。乾きすぎた大地にいくら水をまいても生命の豊穣を取り戻すことはできない。
この新しい水の流れが、少しでも多くの土地に潤いをもたらすことを願うばかりである。

それから『MRETウォーター』を購入された方にお願いしたいことがある。
この著作はMRETウォーターに関する正しい理解を促すためのものであり、MRETアクティベーターやアイ・ウォーター・システムの適正な普及販売活動に役立てて頂きたいと考えている。
ただし本書の内容を無断でコピーして不特定多数に配布したり、またウェブサイト上にその記述を許可なく引用するといったようなことは差し控えて頂きたい。

前にも書いたがこの著作はスミルノフ・ヴィソツキー両博士の許可を得て制作しており、また第1部はこれまでの調査を踏まえて私自身が書き下ろしている。
商品の普及販売のための補助的な資料として活用されるのはいっこうに構わないが、明らかに著作権を侵害するような行為は両博士の許可を得た私としても容認できない。

またウェブサイト上にも参考資料として上げることは構わないが、とくにこのような健康機器の効果に関する情報は一人歩きをして、薬事法に触れるようなケースに発展する可能性もある。
その点に関しては本書の中でも十分注意を喚起しているつもりだが、こうした商品を販売する方はそのような責任についても十分配慮して頂きたいと願っている。

|

« MRETブックレット | トップページ | CASとMRET »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158760/45859684

この記事へのトラックバック一覧です: 新たなる水の流れ:

« MRETブックレット | トップページ | CASとMRET »