2019/01/17

MRETネットショップの開設

これまでMRETアクティベーターはフリタージュ・ブックスと同様に、当方に直接注文して頂く形になっていたが、今年から新たにMRETネットショップをBASEに開設した。コンテンツは以下のサイトを参照して頂きたい。
https://frittage.thebase.in

当然のことながら、これまで通り当方に直接注文や問い合わせをして頂くことは変わらないわけだが、ネットショップとして商品を販売し、在庫を管理していることがサイトを通じて確認できることは、これまでのユーザーにも安心感をもってもらえるだろう。

当社は長年にわたってMRETアクティベーターを取り扱ってきたが、強い衝撃や過剰な電流を流さない限り、故障することは稀である。しかし経年劣化による不具合が生じる可能性はゼロではない。そのようなケースに対応するためにアクティブユニットや専用ボトル、ACアダプターも個別に注文できる形にしている。いずれはMRETジェイドやMRETハイドレーターもラインナップに加えていきたい。

今年は消費税の増税が予定されているが、その際には価格の改定も必要になるだろう。商品の仕様・価格は予告なく変更される場合もあるので、その辺はあらかじめご了承頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/05

不思議な現象

ヴィソツキー博士はMRETウォーターに関する様々な実験を行なっており、その研究成果は『MRETウォーター・サイエンス』に収録されている。しかしその作用機序の詳細については不明確な点も少なくない。そこで私はこれまでにいくつかの実験を行なってきたが、最近になって実に不思議な現象を観察しており、正直なところ当惑している。

その現象については実験方法も含めて次回のフリタージュ会議で報告したいと考えているが、簡単に言えばクラスレート・モデルと矛盾していることを示唆する現象である。

MRETウォーターの活性処理においてクラスレート構造が形成されることは従来の定説であり、これまでのフリタージュ会議でもドクターの見解として紹介している。それ自体はこれまでの組織的研究の結論として尊重されるべきだが、いくつかの実験による間接的証拠に基づくものであり、絶対的に正しいという保証はない。むしろそれを一つのモデルとして研究を深めるためのオマージュと言えるだろう。

『MRETウォーター・サイエンス』を読まれた方の中にも、はたしてクラスレート・モデルで全てを説明できるのか疑問を感じた人がいたかもしれない。もっともほとんどの人はドクターの言葉をうのみにするしか能がないようだが。

CCSがドドノフからの借り物であるように、クラスレート・モデルはアメリカの化学者L・ポーリングからの借り物に過ぎない。そしてどちらも決め手に欠けることは偽らざるところである。

借り物の知識ではなく、今後実証的な実験を続けることによってMRETウォーターの活性プロセスと作用メカニズムの本質を明らかにしていきたいと思う次第である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/25

フリタージュの反応環境

ヴィソツキー博士は20年以上にわたって生物学的元素転換の研究を行ない、様々な成果を上げてきた。その研究活動に対して私はリスペクトしているし、だからこそ15年も交流を続けている。しかしこれまでに検討してきたように、常温核融合とフリタージュは理論的にも実験的にも共通点がなく、CCSで元素転換反応を説明することはほぼ不可能である。

たとえばその反応環境を比較しても、コールドフュージョンはニッケルやパラジウムなどの重い元素による固体結晶がメインになるが、元素転換反応は様々な軽い元素がイオン化している細胞が中心的なステージである。ドクターの実験ではメタン菌によってセシウムと水素が融合してバリウムが生成されることが示されているが、この反応をCCSで説明しようとすると様々な疑問点が出てくるのである。

原核細胞と真核細胞には構造的な相違点があるが、細胞内外にはナトリウムイオンやカリウムイオン、燐酸イオンなど様々な元素が存在している。その中でなぜセシウムと水素だけにCCSが生じるのだろうか?もしそれがディスクリート・ブリーザーによって誘導されるなら、セシウムとナトリウムが融合したり、カリウムと酸素など様々な元素転換反応が無作為に生じるはずである。

逆にセシウムと水素だけに元素転換反応が生じるということは、そこには生体組織特有の選択性と特異性を実現するシステムがあるとしか考えられない。フリタージュ反応のメカニズムはCCSの裏側に潜むこの選択性と特異性によって実現されているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/13

視えない音叉に導かれて

ヴィソツキー博士はCCSによる量子的トンネル効果の効率化によって元素転換反応が生じていると主張している。しかしこのドクターの見解に同調する科学者はそれほど多くない。その中で唯一といえるほど積極的な評価をしているのがハリコフ物理技術研究所のウラジミール・ドビンコである。

ドクターに確認したところ、ドビンコは共同研究者ではないがCCSに関する情報交換を行なっているらしい。そのドビンコの論文「局所的非調和振動による核触媒作用」には以下のように記述されている。

「十分な非調和性をもつ非線形多体系において特殊な格子振動、すなわち局所的非調和振動(LAVs)は熱エネルギーないし外的な要因によって励起されうる。LAVsはシュレディンガーとロバートソンによって発見された相関作用による量子的トンネル効果に強力な影響を与えうる。このような作用は数多くの研究者によってトンネル効果の問題に適用されているが、彼らは量子系の高い周期的作用における相関係数の増加によるサブバリアー透過性の莫大な増加を実証している。」

「最近提起されているディスクリート・ブリーザーは井戸型ポテンシャルの周期的変調によって結晶に最も自然かつ有効な形で相関効果を生じるため、固体における低エネルギー核反応を触媒するナノ・コライダーとして機能していると考えられている。」

Dubinkoディスクリート・ブリーザーとは非線形格子系において空間的に局在する周期振動解である。このディスクリート・ブリーザーによって発生する局所的非調和振動(LAVs)が井戸型ポテンシャルの周期的変調を引き起こしてCCSを現象化させるというのが、ドビンコの描くコールド・フュージョンのストーリーである。

わかりやすく例えると、CCSは二つの原子の量子レベルの共振状態であり、その共振周波数に相当する振動がLAVsであり、ディスクリート・ブリーザーはそれを発生させる音叉ということになる。この視えない音叉によって発生したLAVsが特定の原子のポテンシャルを周期的に共振させ、古典的粒子として扱うことのできるポテンシャル内のガウス波束を相関状態へと誘導することになる。

このメカニズムはなかなか興味深いが、この理論が適用できるのは固体結晶のコールド・フュージョンだけであり、フリタージュ反応には適用できない。材質や形状によって音叉の周波数が変化するように、生体組織においてディスクリート・ブリーザーという概念は成立しないからである。

ドクターは常温核融合と元素転換反応はいずれもCCSによって生じていると主張しているが、ディスクリート・ブリーザーのメカニズムではそれはまず不可能である。いうなれば金属の音叉とゴムの音叉で同じ周波数の音が出せるというようなものだからである。われわれはCCSを超える独自の道を模索する時期にさしかかっているのかもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/01

V・V・ドドノフの理論

さて少し余興が過ぎたようだが、ここでドクターのCCS理論を再考することにしよう。

CCS理論についてはこれまでのフリタージュ会議におけるドクターの講演、そして『未来のフリタージュ』の中でその概要が示されているので、ここでそれを繰り返すつもりはない。しかしCCSはドクターが着想した概念ではなく、もともとはロシアの物理学者V・V・ドドノフが1980年代に展開した理論がベースになっている。

Img053ロシアの研究機関、レベデフ物理学研究所が1993年に発行した研究論文集『量子系におけるスクイーズド状態と相関状態』には、V・V・ドドノフとA・B・クリモフによる論文「量子的相関状態における物理的効果」が収録されている。

この論文の中でドドノフは、専門である量子光学の観点から理論的検討を行なっているが、相関状態にある波動関数としてのガウス波束の分散とポテンシャルバリアーの通過、および相関係数を含む有効プランク定数が結論的に導き出されている。この記述内容はCCSに関するドクターの論文にそのまま引用されており、ドクターが付け足したことといえばポテンシャルの膨張・収縮にともなうトンネル効果のシミュレーションだけである。

問題となるのは量子論のお遊びではなく、実際にCCSが現象化されうるのか、そしてフリタージュ反応のメカニズムとして機能しうるのかという点である。これについて次に検討してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/20

不可侵の領域

L・ラーセンのレポートは一見ドクターの研究を肯定的に評価しているように見える。しかしその記述に異和感を覚えない人間はフリタージュを追究する資格はない。

まず最初に、ラーセンは反応の起点となるSPP電子がどこで生じるのかを明記していないが、その反応プロセスに基づくとマンガンに表面プラズモン共鳴が生じると考えるのが妥当である。しかしメスバウアー実験では培養基の成分のマンガンは重水の中でイオン化しているはずである。すでに電子を失ってプラスイオンになっているマンガンに表面プラズモン共鳴が生じるという研究は寡聞にして聞いたことがない。

仮にイオン化していないマンガンからSPP電子が生じるとしても、培養基は重水なのでSPP電子は陽子ではなく、すでに中性子と結合している重陽子と反応することになる。重陽子に含まれている中性子はULM中性子とは異なるエネルギー状態であり、はたして共存しうるのかは非常に疑わしい。

またSPP電子と陽子が結合してULM中性子が生成されるには0.78Mevというエネルギーが必要になるが、ラーセンはこのエネルギーが260万個のATP分子によって供給されると述べている。

生体組織が解糖系・TCA回路・電子伝達系の様々な代謝反応を実行するのは直接的な生存エネルギーとなるATP分子を合成するためである。1個のULM中性子を作るために260万個のATP分子のエネルギーが使用されるというのは生体反応としてあまりにも非効率である。

メスバウアー実験で鉄57の原子が生成される個数の概算は以前に記したが、ラーセンが引用している大腸菌のATP合成率では1秒間に生成されるULM中性子は4個に過ぎないので、鉄57の原子は2個以下になる。このことからもラーセンがメスバウアー実験の論文を精査していないことは明白である。

またラーセンの反応プロセスではマンガンから鉄56が生成され、さらにそれが鉄57に転換するとされているが、もしそうなら鉄56と鉄57はほぼ同じ変動を示すはずである。しかしこれはレーザーTOFによるドクターの分析データとは矛盾している。

そもそも鉄56によって細胞内の鉄濃度が増加すれば、微生物はさらに鉄57を生成する必要はない。ラーセンは微量元素の生物学的アノテーションを全く理解していないので、このような反応式を偽装工作するしか能がないのだろう。

純粋な好奇心をもって生物学的元素転換を研究する志をもっている人は歓迎したいが、自分の理論やモデルを権威づけるためにフリタージュを利用しようとする者はこの領域に足を踏み入れることは許されない。その際にはわれわれは容赦なく手痛い教訓を与えることになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/12

ラーセンの論点

L・ラーセンのレポートはいわゆる研究論文の記述形式ではなく、詳細な内容について不明確な部分も少なくない。その文脈の中で彼がメスバウアー実験について言及している部分を以下に引用してみることにしよう。

「酵素の活性部位や細胞の膜組織は生物学的元素転換の発生が予想される場所である。このような場所で元素転換反応が生じるという可能性は生物物理学的プロセスに関する現在の私たちの知識とどのように関連しているのだろうか?」

「生物学的元素転換の理論的なエネルギーとしては、1個の陽子から1個のULM中性子を生じるために260万個のATP分子に相当するエネルギーが必要とされる。」

「インターネットで私が見つけた概算では、大腸菌の1個の細胞は1時間にATP分子を0.8-4.0×10^10個も生産し続けることができるということである。ULM中性子の製造コストはバクテリアにとってかなり高額なものになるが、その結果が成長のために重要なものであれば非効率とは言えないかもしれない。」

「もし読者がヴィソツキーとコルニロバの初期の研究を調べたなら、数種類のバクテリアが鉄を利用できない培養基において、マンガン55から鉄56,57を以下のようなプロセスで合成していると考えられる実験的証拠を見出すだろう。」

このように述べて、ラーセンは次のような反応プロセスを提示している。

(1)Mn55+n→Mn56 (半減期2.6時間の放射性同位体)
(2)Mn56→Fe56+ニュートリノ (ベータ壊変)
(3)Fe56+n→Fe57

このような反応形式で鉄57が形成されたと彼は主張しているが、読者の方々はどう思われるだろうか?
いま一度、ドクターの著作に目を通して、ラーセンの論点を検討して頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/02

ウィドム・ラーセン理論とフリタージュ

A・ウィドムとL・ラーセンが常温核融合のメカニズムを説明する新しい理論を提示したのは2005年のことである。このウィドム・ラーセン理論は、ある種の金属に生じる表面プラズモン共鳴によって特殊な性質をもつSPP電子(表面プラズモン・ポラリトン)が生成され、それが陽子と結合することによって生じるULM中性子が特定の元素の原子核に吸蔵されることにより、核変換が生じるというシナリオを原理的な軸としている。ウィドム・ラーセン理論の最大の特徴はベータ壊変の逆の反応プロセスによってクーロン・バリアーの問題を巧妙に回避している点にある。

Bacterialenrsandisotopicshiftsinu_2この理論の提唱者の一人であるL・ラーセンは2010年12月に一つのレポートを公表している。それはウランの同位体比の異常はバクテリアの低エネルギー核変換によるものであり、そこにはウィドム・ラーセン理論の反応プロセスが生じていると主張しているのである。

もしこのラーセンの主張が正しいのであれば、たとえばガボン共和国のオクロで発見された「天然原子炉」も実は中性子連鎖核反応ではなく、バクテリアによる元素転換反応によるものだったという可能性も考えられる。その意味でラーセンの主張はわれわれフリタージュ学派に好意的なものとも言えるだろう。

そしてこのレポートの中でラーセンは、ドクターが行なったメスバウアー実験についても記述している。その内容について少し綿密に検討してみることにしよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/22

乖離する研究

CCS理論の検討を行なう前に、常温核融合と生物学的元素転換の関係性を踏まえておく必要があるだろう。常温核融合を低エネルギーで核変換が生じる現象と定義するなら、フリタージュ反応は生物組織におけるコールド・フュージョンと言えなくもない。現にドクターはそのような観点の下に両者に共通するメカニズムとしてCCS理論を提起している。

しかし私に言わせると、この認識自体が完全に間違っているのである。低エネルギーで核反応が生じるという共通項だけでコールド・フュージョンとフリタージュ反応を同一視することは底の浅い人間の妄想に過ぎない。常温核融合とフリタージュには理論的にも実験的にも共通する部分は何一つ存在しないのである。

たとえば常温核融合ではいくつかの理論が提起されているが、それらはいずれも個々の実験データにしか適用できない不完全なものであり、コールド・フュージョンの包括的な解釈を提示しえないものである。

それが故に自分の理論の優位性を示すために生物学的元素転換への応用性を主張する者もいる。たとえばTNCFモデルやウィドム・ラーセン理論がそれに該当するが、これらはいずれもフリタージュ反応の理論的解釈には全く役に立たない代物である。

思考回路の単純な物理学者は自らの物理学的知識で宇宙も素粒子も生命も説明できると安直に考えているようだが、真理を追究する志があるなら、もう少し謙虚に自分の知らないことを学ぶ姿勢がほしいものである。

常温核融合の理論がなぜフリタージュ反応に適用できないのか、その顕著な一例としてウィドム・ラーセン理論を検討してみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/10/12

CCS理論の批判的検証

トリチウムの元素転換などの空白領域の問題を解決するにはフリタージュ反応の実体的なメカニズムを解明することが必要である。そのためのアイディアはいくつかあるのだが、実験環境が整っていないため、具体的なアプローチとしては実現していない。

フリタージュ反応のメカニズムとしてドクターはCCS理論というものを提唱している。CCS理論についてはこれまでのフリタージュ会議でも解説されており、また『未来のフリタージュ』にも論文が収録されているが、ほとんどの人は理解できていないようである。

CCS理論について私は『未来のフリタージュ』の中で、「あくまで物理的アプローチの一つであり、フリタージュ反応の本質を解明する試みとしてはあまりに偏向していると言わざるをえない」と述べているが、その見解は今も変わるところはない。

物理学者は統一された美しい理論を求めるものだが、この現実世界は必ずしもその宗教的熱情に与するものではないようである。高名な科学者が哲学や宗教にしだいに傾倒していくのはある種の必然なのかもしれないが、ときにその世界観は深刻な乖離をもたらすことも少なくない。

しかしそれをやみくもに否定するのではなく、適切な理解を深めた上でCCS理論の批判的検証を試みることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«MRETハイドレーター