2017/08/21

夏休みの自由研究

暑い日々が続いているが、この夏の自由研究としてMRETウォーターによるカイワレダイコンの栽培を行なってみた。以下にその概要を記しておきたい。

Imgp3859市販されているカイワレダイコンの種子を20個ずつ選定し、ガラス容器に入れたスポンジにMRETウォーターを浸み込ませて、その中央部にそれぞれの種子を置いた。左側が30分活性水で、右側が60分活性水である。

Imgp3864MRETウォーターは市販の浄水器(東レ・トレビーノPT303)を通した浄水を活性処理して使用した。毎日の蒸発量は少なかったので、最初に活性化したMRETウォーターをスプレーに入れて冷蔵保管し、水分が少なくなったときに補充した。

Imgp3868実験開始から3日目にはそれぞれの種子が発芽の兆候を示した。画像からもわかるように、60分活性水を与えた種子のほうがより多く発芽しているこようにみえる。

Imgp3869実験開始から4日目には、それぞれの種子から新芽が伸びるようになった。この時点から光合成を促進するために、日中にはベランダにガラス容器を置いて日光に当てるようにした。

Imgp3871発芽は60分活性水のほうが多かったように見えたのだが、30分活性水のほうも新芽が出てから成長が早くなったように見える。




Imgp3874それぞれの成長は順調に見えたが、中央に種子を密集させたためにお互いの成長の邪魔するような形になり、なかなか成長できない新芽も現れた。

Imgp3875実験開始から7日目の状態。これ以降はほぼ成長の状態に変化が見られなくなった。30分活性水のほうが生育状態が良いように見える。

Imgp3876実験開始から10日目の状態。成長のピークは超えたと思われたので、この時点で実験を終了した。

Imgp387730分活性水を与えたカイワレダイコンの生育状態。5本ほどの新芽が7cmを超える成長を示している。

Imgp387860分活性水を与えたカイワレダイコンの生育状態。7cmを超える新芽は1本に過ぎない。

ヴィソツキー博士の実験では、30分活性水より60分活性水を与えた植物のほうが全般的に良好な生育状態を示していた。しかし今回の実験では30分活性水のほうが良い結果を示している。

植物の品種によって実験結果のばらつきが出ることはドクターの実験でも示されているので、これはこれとして大らかに受け入れるべきだろう。ドクターが使用したのはウクライナで入手できる野菜の品種であり、また使用された水も日本の軟水とは少し異なる成分が微量に含まれていた可能性もある。

今回の実験では種子を密集させたため、一つ一つの新芽にとって成長環境が最善ではなかったかもしれない。また事前に種子をMRETウォーターに浸していれば発芽状態も異なっていた可能性もある。これらの点は今後の実験で試してみようと考えている。

なお生育したハツカダイコンはドレッシングをかけておいしく頂いた。心なしか苦味が強く感じられたことが印象的である。















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/06

ポーリングの仮説

ライナス・ポーリングはノーベル賞を2回も受賞したアメリカの生化学者であり、分子構造解析のスペシャリストである。『MRETウォーター・サイエンス』におけるヴィソツキー博士の立論も基本的にはポーリングのクラスレート・モデルを踏襲している。

ポーリングがクラスレート・モデルを提唱したのは1959年に公表された「水の構造」という論文においてであり、ワトソンとクリックのDNA二重らせんモデルとほぼ同じ時期である。ちなみにポーリングは彼らより早くDNAの三重らせんモデルを構想していたらしい。

ポーリングは様々な分子構造の解析を進めるうちに、それらの相互作用によって生体組織の現象を解明できると考えるようになった。そして彼は1961年7月の『サイエンス』に「全身麻酔に関する分子理論」という論文を公表している。それは全身麻酔の作用が大脳に形成されるクラスレート・ハイドレートの微小結晶によって引き起こされるという、極めて独創的な内容になっている。

このポーリングの仮説は半世紀が過ぎた現在でも正しいのか間違っているのかは証明されていないらしい。おそらく彼はクラスレート構造が人間の意識や記憶作用に何らかの形で関与し、それによって麻酔効果が引き起こされると考えていたようである。

ちなみにこのクラスレートの微小結晶は麻酔薬によって誘導されるものなので、MRETウォーターのクラスレート構造とは単純に同一視することはできない。

推測として考えられることはMRETウォーターと同じように、クラスレート構造が形成されると電気的パラメーターが変化することをポーリングはつかんでいたのかもしれない。それによって脳波の伝達やシナプスの結合、ニューロンの反応に影響を与えることは考えられる。

全身麻酔に関する彼の仮説が正しいかどうかはわからない。しかしその立論の背景には、精神活動に対してクラスレート構造が何らかの影響を与えているというポーリングの潜在的な確信が存在している。そして彼の確信を科学的に立証することがこれからの私たちの課題になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/21

ウォーター・カンファレンス 2017

今年の10月26日から29日にかけて、ブルガリアのソフィアでウォーター・カンファレンス 2017が開催される。(http://www.waterconf.org) これはワシントン大学の研究者、G・ポラック博士が主催するシンポジウムだが、ヴィソツキー博士もインバイティド・スピーカーとして招待されているとのことである。

この学会は過去にも開催されており、今年が第12回目ということだが、ドクターはこれまでにもMRETウォーターの研究や元素転換による放射性物質を含んだ汚染水の浄化処理に関する研究を公表している。アブストラクトを見ると、今回は汚染水の浄化処理に関する追加報告を行なう予定のようである。

G・ポラック博士は水に第四の相があるということを主張されていて、固体と液体の中間状態にそれは存在し、情報の記憶・伝達を行なう機能があるとされている。これだけを聞くとMRETウォーターのクラスレート構造に符合しているようにも思われるが、研究のバックグラウンドを把握しないまま安直に結びつけるわけにもいかないだろう。

また日本の神戸大学からは「アクアフォトミクス」の提唱者であるR・ツェンコヴァ博士が参加されるようである。アクアフォトミクスについては過去にも国際シンポジウムが開催されており、生体分子と水との相互作用を研究する新しいアプローチとして注目されているようである。

ドクターもMRETウォーターと生体分子の関連性を研究していたが、明確な結論が得られなかったので論文にはまとめていないという話を聞いたことがある。もしこのアクアフォトミクスによってMRETウォーターに関する新たな知見が得られれば、『MRETウォーター・サイエンス』に提示されている様々な実験結果についても、その作用メカニズムが明らかになるかもしれない。

この秋にどのような収穫を得られるのか、今から楽しみにしているところである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/07/07

コールド・プラズマとフリタージュ

地球レベルにおけるフリタージュ反応については、ケルヴランの盟友、G・シューベルの研究やV・B・ネイマンの元素倍増説が知られているが、現代ではカザフスタン・カスピ大学の地質学者、G・V・タラセンコが地殻内部におけるコールド・フュージョンを主張している。彼の論文「地質学的領域における常温核融合」の冒頭には以下のように記述されている。

「世界中の天文学者によって観測されている星雲は回転する螺旋構造を示している。この回転運動はダイナモ効果を引き起こし、莫大な電荷の蓄積を生じる。その電荷が放出されると球状のプラズマが形成され、その回転運動によって磁場と重力場をもつようになったプラズマは惑星に進化するのである。」

タラセンコ教授の学説はおそらくスウェーデンの科学者、H・アルヴェーンのプラズマ宇宙論に基づいていると思われるが、地球を形成したプラズマはさらにマントル領域で活動しているという。
つまり私たちがマントル対流として理解しているものは実はコールド・プラズマであり、地球のダイナモ効果と地殻内部における元素転換反応を生じているというのである。

そしてこのコールド・プラズマによって石油やレアメタルなどの派生物が生み出され、プレート運動によって地殻上部に運搬されて様々な地質現象を生じているとタラセンコ教授は主張している。

このようなコールド・プラズマによる地球規模の元素転換反応はきわめて興味深いものだが、その理論的根拠を示すことはなかなか難しいと思われる。
タラセンコ教授自身は「タラセンコ・ジェネレーター」という装置を開発して、コールド・プラズマのモデル実験を行なっているが、かなり厳しい批判も受けているようである。

コールド・プラズマによる地球モデルが実証されるためには地磁気の反転や磁極の周期的変動、地震波の異常屈折などの観測データとの整合性が必要である。
また近年、マントルのD''層における異常をポストペロブスカイトという鉱物の相転移によって説明しようとする学説が提起されているが、これもコールド・プラズマならではの解釈が求められるだろう。
タラセンコ教授の研究の深化に期待したいところである。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/06/10

宇宙の凍結線

地球は水の惑星と言われる。しかしその水の起源ははっきりわかっていないらしい。

ブルーバックスの『地球はなぜ水の惑星なのか』という本によれば、太陽系が形成されたときに氷が凝縮する領域と水分が散逸される領域が生じたという学説があるらしい。その境界は凍結線と呼ばれ、小惑星帯が存在する2.7AU辺りになるという。

地球の軌道は1AUに存在するので凍結線よりはるかに内側にあり、その学説が正しければ本来は地球に水が存在することはありえないらしい。私たちが当たり前に感じているこの地球環境は宇宙的に見るときわめて特異な存在のようである。

科学者は隕石の分析などによって地球がどのように水を獲得したのかを検討しているようだが、根本的な前提が間違っているように思われる。

まず第一に原始太陽系星雲における元素合成の理論だが、鉄以降の元素は超新星の爆発以外には生じえないとされている。これも何らかの常温核融合のプロセスを考慮すべきだと思われる。

また凍結線を境界として地球型惑星と木星型惑星が形成されたというが、あまりにも単純化しすぎているように思われる。原始太陽系星雲から個々の惑星が形成されたときには、それぞれの惑星との共振作用が生じていたのではないだろうか。そしてそれによってボーデの法則に近い太陽系の形成プロセスが生じたのではないだろうか。

さらに言えば、太陽系が形成される段階で全ての元素が生成されたという前提も疑問である。端的に表現するなら、個々の惑星は元素転換反応を生じながら成長・進化していったと考えるほうが自然なのではないだろうか。

そのように捉えることによって初めて太陽系の形成と惑星の進化、そして地球の水の起源を統一的に解釈することができると思われるのである。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/06/01

ドクターの回復

しばらくドクターとは連絡をとっていなかったが、先日興味深い論文を見つけたので久しぶりにドクターにメールを送ってみた。病院でのリハビリ生活で退屈しているかもしれないと思ったので、私なりの差し入れである。

ところが数時間もたたないうちにドクターからその論文に関するコメントが届いた。聞くところによると、ドクターはすでに退院して職場に復帰し、大学での講義も行なっているという。

まだ病院でリハビリを続けていると思っていたので意外に早い回復に驚いたが、予後の経過が順調で何よりではある。ただし、無理はしないで頂きたいものである。

日常生活に支障はないようだが、以前のように海外への学会の参加などが可能なのかどうかは判断しかねるところではある。ともあれ、ドクターの体調と今後のスケジュールを確認しつつ、次の機会を考えていきたいと思う次第である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/20

『MRETウォーター・サイエンス』の完成

かつて『未来のフリタージュ』が最後のフリタージュ・ブックスになると記した覚えがある。それはたしかに間違いではなかった。ちょうど一年前までは―

昨年の5月も今日のような五月晴れだった。少し暑く思われるようなこの時期に、奈良で第2回フリタージュ会議をドクターとともに行なったことが思い出される。

時期的なものもあり参加者はごく少数だったが、それでも参加者の方々のドクターの研究に対する関心は高く、私にとっては印象深いひとときだった。特に生物学的元素転換だけではなく、MRETウォーターに対する関心も高かったことが少し意外でもあった。

その頃、ドクターの著作『活性水の応用生物物理学』の翻訳はほとんど休止状態だった。9章の中で翻訳が完成しているのは第6章だけだった。300ページ以上もあるこの著作を翻訳することは至難の技であり、たとえ完成しても読みたいと思う人はごくわずかだろう。そう考えて別の作業を優先していたのである。

しかしフリタージュ会議を終えてドクターを見送り、帰りの電車の中である思いが浮かんでいた。たとえ完成することができなくても、もう一度翻訳している資料をとりあえずまとめてみようか。見知らぬ町並みを眺めながら、そんなことを考えたのである。

そこから事態は少しずつ動き始めた。放置したままの翻訳原稿をまとめなおし、翻訳作業の計画設定と全体的な再構成を進める作業に着手した。各章に収録されている研究内容は相互に関連している部分もあるので、完全に切り離した形式では理解しにくいものになる。そう考えて第1~4章と第5~9章の二分冊にすることに決定した。

各章の翻訳作業を進めるとともに完成した原稿を再チェックし、不明な点はドクターに質問するという作業を同時進行で進めていった。かつてドクターはこの著作の翻訳はダイジェスト版にすればいいのではないかと言っていたが、私は全体的に完成させることにこだわった。こうして8年の歳月をかけて『MRETウォーター・サイエンス』<物理化学編>と<生物学編>が完成したのである。

Mws01おそらく一年前の体験がなければ、この翻訳書は完成しなかったかもしれない。その意味では何かに導かれたような気もする。ともかく現在は病床にあるドクターに完成の報告ができたことは幸いだった。

この『MRETウォーター・サイエンス』はMRETウォーターに関する包括的な研究書であり、活性水に関する研究書としても世界最高レベルの内容ではないかと思う。そしてこの研究書はMRETウォーターによる実験データ以外に、もう一つの重要な事実を提起している。それは生物学における重要な発見であり、読者の方々に直接確認して頂きたい。

Mws02この『MRETウォーター・サイエンス』は非常に専門的な研究内容を収録しているので、一般の方に市販するつもりはない。当社からMRETアクティベーターを購入された方の中で、さらにその活用方法を研究したいという志をもつ方だけに頒布したいと考えている。

そしてそのような方々とともにMRETウォーターの応用性についてさらに検討していきたいと考えている。そこに至って初めてドクターとの約束を果たせたといえるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/08

講演会延期のお知らせ

今月27日に予定されていた講演会について七沢研究所のスタッフと協議していたが、ヴィソツキー博士の講演を希望する参加者の方が多いということもあり、講演会の開催はいったん延期するほうが良いという結論に達した。

講演会を楽しみにされていた方には大変申し訳ないが、やはり研究の当事者であるドクターの生の声を聞くことは重要である。

おそらくドクターは今頃リハビリに励んでいると思うが、煩わせることのないようにあえて連絡は取らないようにしている。
来月以降には退院もできると思われるので、ミハイルに状況を確認して今後のことを検討したいと考えている。

ドクターの体調は心配だが、必ず研究生活に復帰されることを私は信じている。そして皆さんもいつか再びドクターとお会いできることを信じて頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/03

講演会について

今月の27日に開催される講演会はドクターの来日が不可能になったため、私が代わりにドクターの研究内容を解説することになった。

ドクターの来日を楽しみにされていた方には申し訳ないが、これまで生物学的元素転換を追究してきた経緯を踏まえて、このブログにも書いていないことも含めた包括的な話をしてみたいと考えている。

また昨年の講演会は質疑応答の時間がとれなかったが、今回は参加者の皆さんのご意見をうかがう時間もとれると思われる。

そして時間があればMCTを開発したタシレフ博士の動画も上映したい。これは過去のフリタージュ会議でも公表していないものだが、MCTを使用したセシウム浄化システムの具体的なヒントになるだろう。

ドクターがいないことはきわめて残念なことだが、重要なことは私たちがその研究成果をどのように生かし、受け継いでいくかということである。
その意味でしかるべき志をもつ方々と有意義な会合にしたい。そしてそれは将来的にドクターと再び共同研究を進める上で重要な礎石となるだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/30

緊急事態

緊急事態が発生した。

つい先ほどドクターの息子のミハイルから連絡が届いたのだが、10日ほど前に胸の痛みを感じたドクターは救急車で救命センターに運びこまれたという。

幸い一命は取りとめたようだが、冠状動脈にステントを入れる手術を受けたということなので、おそらくはアテローム性動脈硬化症ではないかと思われる。

ミハイルによるとドクターの容体は安定しているということだが、今後リハビリに二週間以上かかる見通しなので、5月の来日は難しいとのことだった。

すでに七沢研究所ではドクターの講演会の準備をしていて、参加予約をしている方もおられるだろう。
しかしドクターの来日が難しくなったので、今後対応を協議する予定である。

誠に残念なことだが、ドクターの状況が気がかりである。講演会に関しては七沢研究所の意向を確認して改めてお伝えしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«小冊子『MRETウォーター』