2019/03/14

『MRETウォーター』第3版の完成

これまでMRETアクティベーターのユーザーマニュアルとして小冊子『MRETウォーター』を頒布してきたが、在庫も少なくなってきたので内容を全面的に改訂し、第3版として新たにリリースした。

Img064『MRETウォーター』の初版を制作したのは2011年頃だったと思う。その当時、MRETウォーターに関する情報は非常に少なく、2005年に出版された『活性水の生物物理学概論』とI・V・スミルノフのいくつかの論文に限られていた。

その頃は『フリタージュの真実』の完成をめざして資料の翻訳を続けていたので、その作業と同時並行の形でMRETに関する情報を集約し、スミルノフの論文を翻訳して『MRETウォーター』の初版を完成させた。そしてようやく海外から入手できるようになった初期型のMRETアクティベーターとともに販売を開始したのもこの時期である。

ところが、その後調査を重ねるにつれてスミルノフの論文の内容は非常に信憑性に乏しいことが判明したので、5年間苦労して翻訳した10本の論文全てを廃棄することにした。そして2009年に出版された『活性水の応用生物物理学』に基づいて新たな翻訳・編集作業を行ない、2017年に完成したのが『MRETウォーター』第2版である。

この第2版はほぼ同じ時期に完成した『MRETウォーター・サイエンス』の内容に依拠しているのできわめて完成度が高く、なおかつ理解しやすい構成になっている。もっとも一部の人にはこれでもまだ難解な印象を与えているようだが。

今回制作した第3版はそのような意見を反映してビジュアルな画像をいくつか追加している。また昨年ドイツから取り寄せた超低周波を測定できる装置による測定資料なども収録しており、小冊子ながら資料的にも価値の高い内容に仕上がっている。

『MRETウォーター』はこれまでは一般にも販売していたが、かなり重要な研究データも含まれているので、今後はMRETアクティベーターの購入者だけに頒布する予定である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/27

鬼は内にあり

2月3日、NUMO(原子力発電環境整備機構)による「科学的特性マップに関する対話型説明会」が倉敷市の芸文館で開催された。倉敷芸文館は図書館やギャラリーに立ち寄る際に利用する私の庭である。地下駐車場に車を停めて会場に向かい、受付でスマホの予約画面を見せると「電力関係の方ではないですね?」と職員が確認してきた。

NUMOの説明会については以前に参加者に謝礼を渡したという疑惑が報じられている。それ以降あまり報道されなくなったのはメディアの自主規制なのか、それとも何か大きな力が働いたのだろうか?

会場の参加者は報道関係者を除くと10名ほどだった。会場内での撮影や録音は禁じられていたので休憩時間に会場の外で写真を撮った。
説明会の前に職員に勧められて地層埋設処分に関するVR動画を見た。それはNUMOのオリジナルではなく、同じく地層処分を進めているスイスのプロモーションビデオだった。

説明会自体はパワーポイントによる使用済み核燃料のリサイクルや処分場の具体的な立地イメージなどの解説が主な内容だった。すでにフィンランドやスウェーデンでは最終処分場が選定されており、地層処分はグローバルスタンダードであることが強調されていた。

その後、参加者とのディスカッションが行なわれたが、日本学術会議の提言の解釈などを巡って議論は紛糾した。フィンランドではすでに処分場の建設が進められているが、それは結晶片岩を主成分とするバルト楯状地が地質学的に安定しているからであり、北海道から九州まで至る所で地震が生じる日本列島の地盤とは大きく異なっている。またそれ以外の国々は日本と同様に処分場も決まっておらず、とてもグローバルスタンダードとはいえない現況である。

ドクターの研究も福島の汚染水の処理には応用可能だが、高レベルの核廃棄物の処理については未知数である。『未来のフリタージュ』に収録されているS・フェイレ博士の研究はその意味で再評価されてよいと思われる。

折しもこの日は節分だった。「鬼は外、福は内」という言葉は安寧を願うものかもしれないが、魂という文字に鬼が含まれていることを忘れてはならない。しかり、鬼は常に内に在るものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/14

MRETアイスとMRETスチーム

Imgp5102先日家電量販店に行ったときに、たまたま見つけた加湿器を購入した。

その時にはあまり気に留めなかったが、加湿器には加熱蒸散式のものと超音波式のものがあるらしい。加熱蒸散式はヒーターで水を加熱して蒸気を発生させるので、少し時間はかかるが暖かいスチームが発生する。超音波式は超音波によって霧状のミストを発生させる方式で、速効性はあるが蒸気が冷たいところが難点である。

購入した加湿器は超音波式でたしかに冷たいミストが生じるが、自宅の電気ヒーターには加湿機能があるので、補完的な形で使用している。当然給水するのはMRETウォーターである。

MRETウォーターは静菌作用があるので超音波式の加湿器には最適だと思うが、クラスレート構造が超音波によってどの程度影響を受けるのかは未知数である。もっとも加熱蒸散式の場合は緩和作用によってクラスレートが分解されるというのがドクターの見解になるだろう。

しかし最近になっていろいろと調べてみると、MRETウォーターを加熱した場合も、ある程度活性効果は持続するのではないかと私は考えている。たとえばMRETウォーターで洗濯したことがある人はわかると思うが、普通の水で洗濯したときよりも乾燥が速くなることが感じられる。これは何を意味しているのだろう?

ドクターはMRETウォーターに関する様々な分析を行なっているが、MRETウォーターの水蒸気や氷に関するデータは含まれておらず、液体に関する研究しか行なわれていないのである。つまりMRETアイスやMRETスチーム(ミスト)に関する分析は誰も行なっていないということになる。

おそらくMRETスチームの場合、蒸気圧曲線や比熱容量、三重点などが普通の水とは若干異なっているのではないだろうか?それによって自然乾燥した場合にも異なる作用が生じている可能性が考えられる。

これまではドクターの研究に基づいてMRETウォーターの検証をめざしてきたが、たとえばMRETアイスを研究することによって人工的なメタン・ハイドレートなども生成することが可能になるかもしれない。そしてMRETアイスやMRETスチームの研究は、MRETウォーターのさらに深い理解にもつながる可能性を秘めているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/04

Artifact Gold

『インフィニット・エナジー』は常温核融合の専門誌として知られているが、その2018年11/12月号には「現代の錬金術」という記事が収録されている。

「TransmutationIE142.pdf」

この記事はコールド・フュージョンの研究者が一問一答形式で様々な質問に回答していく構成になっているが、ヴィソツキー博士もこれに参加しており、興味深いインタビューになっている。

その中のドクターの回答の一つに注目すべきコメントが記されている。驚いたことにドクターは元素転換反応による金の合成実験を行ない、実際に金の生成を観察したというのである。

ダイヤモンドの人工合成は1950年代に実現されており、最近では合成ダイヤモンドも市場に出回るようになっている。しかし金の人工合成はサイクロトロン等を使用すれば理論的には可能とされているが、実際にそれを実現したという話は聞いたことがない。ましてや金の人工合成を技術的に確立することは現代の科学技術でもまず不可能と考えられている。

私の知る限り、ドクターは著作の中で元素転換反応による金の合成について私見は述べているものの、その研究に関する論文を学会で公表したことはないはずである。そこでドクターに金の合成実験について尋ねたところ、予備的な実験だが金のスペクトルを検出したことは確かなようである。しかしドクターはこの実験の詳細について公表するつもりはないという。

この金の合成実験が真実なら、それはフリタージュ研究において非常に重要な研究成果であり、新たな人類の英知ともいえる発見だが、ドクターがその公表をためらう理由も理解できる。もしドクターが元素転換反応による金の人工合成に成功したことを公表すれば、科学界から好奇と疑惑の目を向けられることは必至である。また金はドルとともに通貨経済の基軸になっていることから国家権益に影響を及ぼすことも想定されるだろう。最悪のシナリオとしてドクター自身に何らかの危険が及ぶ可能性も否定はできない。

おそらくドクターは全てをわかっていて何も語らないことを選択しようとしているのだろう。そしてそれがドクターの選択であるならしかるべく尊重したいと思う。欲にまみれた亡者たちに悪用されるぐらいなら、この大いなる英知を封印するほうが賢明な選択といえるかもしれない。かの時代がそうであったように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019/01/17

MRETネットショップの開設

これまでMRETアクティベーターはフリタージュ・ブックスと同様に、当方に直接注文して頂く形になっていたが、今年から新たにMRETネットショップをBASEに開設した。コンテンツは以下のサイトを参照して頂きたい。
https://frittage.thebase.in

当然のことながら、これまで通り当方に直接注文や問い合わせをして頂くことは変わらないわけだが、ネットショップとして商品を販売し、在庫を管理していることがサイトを通じて確認できることは、これまでのユーザーにも安心感をもってもらえるだろう。

当社は長年にわたってMRETアクティベーターを取り扱ってきたが、強い衝撃や過剰な電流を流さない限り、故障することは稀である。しかし経年劣化による不具合が生じる可能性はゼロではない。そのようなケースに対応するためにアクティブユニットや専用ボトル、ACアダプターも個別に注文できる形にしている。いずれはMRETジェイドやMRETハイドレーターもラインナップに加えていきたい。

今年は消費税の増税が予定されているが、その際には価格の改定も必要になるだろう。商品の仕様・価格は予告なく変更される場合もあるので、その辺はあらかじめご了承頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/05

不思議な現象

ヴィソツキー博士はMRETウォーターに関する様々な実験を行なっており、その研究成果は『MRETウォーター・サイエンス』に収録されている。しかしその作用機序の詳細については不明確な点も少なくない。そこで私はこれまでにいくつかの実験を行なってきたが、最近になって実に不思議な現象を観察しており、正直なところ当惑している。

その現象については実験方法も含めて次回のフリタージュ会議で報告したいと考えているが、簡単に言えばクラスレート・モデルと矛盾していることを示唆する現象である。

MRETウォーターの活性処理においてクラスレート構造が形成されることは従来の定説であり、これまでのフリタージュ会議でもドクターの見解として紹介している。それ自体はこれまでの組織的研究の結論として尊重されるべきだが、いくつかの実験による間接的証拠に基づくものであり、絶対的に正しいという保証はない。むしろそれを一つのモデルとして研究を深めるためのオマージュと言えるだろう。

『MRETウォーター・サイエンス』を読まれた方の中にも、はたしてクラスレート・モデルで全てを説明できるのか疑問を感じた人がいたかもしれない。もっともほとんどの人はドクターの言葉をうのみにするしか能がないようだが。

CCSがドドノフからの借り物であるように、クラスレート・モデルはアメリカの化学者L・ポーリングからの借り物に過ぎない。そしてどちらも決め手に欠けることは偽らざるところである。

借り物の知識ではなく、今後実証的な実験を続けることによってMRETウォーターの活性プロセスと作用メカニズムの本質を明らかにしていきたいと思う次第である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/25

フリタージュの反応環境

ヴィソツキー博士は20年以上にわたって生物学的元素転換の研究を行ない、様々な成果を上げてきた。その研究活動に対して私はリスペクトしているし、だからこそ15年も交流を続けている。しかしこれまでに検討してきたように、常温核融合とフリタージュは理論的にも実験的にも共通点がなく、CCSで元素転換反応を説明することはほぼ不可能である。

たとえばその反応環境を比較しても、コールドフュージョンはニッケルやパラジウムなどの重い元素による固体結晶がメインになるが、元素転換反応は様々な軽い元素がイオン化している細胞が中心的なステージである。ドクターの実験ではメタン菌によってセシウムと水素が融合してバリウムが生成されることが示されているが、この反応をCCSで説明しようとすると様々な疑問点が出てくるのである。

原核細胞と真核細胞には構造的な相違点があるが、細胞内外にはナトリウムイオンやカリウムイオン、燐酸イオンなど様々な元素が存在している。その中でなぜセシウムと水素だけにCCSが生じるのだろうか?もしそれがディスクリート・ブリーザーによって誘導されるなら、セシウムとナトリウムが融合したり、カリウムと酸素など様々な元素転換反応が無作為に生じるはずである。

逆にセシウムと水素だけに元素転換反応が生じるということは、そこには生体組織特有の選択性と特異性を実現するシステムがあるとしか考えられない。フリタージュ反応のメカニズムはCCSの裏側に潜むこの選択性と特異性によって実現されているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/13

視えない音叉に導かれて

ヴィソツキー博士はCCSによる量子的トンネル効果の効率化によって元素転換反応が生じていると主張している。しかしこのドクターの見解に同調する科学者はそれほど多くない。その中で唯一といえるほど積極的な評価をしているのがハリコフ物理技術研究所のウラジミール・ドビンコである。

ドクターに確認したところ、ドビンコは共同研究者ではないがCCSに関する情報交換を行なっているらしい。そのドビンコの論文「局所的非調和振動による核触媒作用」には以下のように記述されている。

「十分な非調和性をもつ非線形多体系において特殊な格子振動、すなわち局所的非調和振動(LAVs)は熱エネルギーないし外的な要因によって励起されうる。LAVsはシュレディンガーとロバートソンによって発見された相関作用による量子的トンネル効果に強力な影響を与えうる。このような作用は数多くの研究者によってトンネル効果の問題に適用されているが、彼らは量子系の高い周期的作用における相関係数の増加によるサブバリアー透過性の莫大な増加を実証している。」

「最近提起されているディスクリート・ブリーザーは井戸型ポテンシャルの周期的変調によって結晶に最も自然かつ有効な形で相関効果を生じるため、固体における低エネルギー核反応を触媒するナノ・コライダーとして機能していると考えられている。」

Dubinkoディスクリート・ブリーザーとは非線形格子系において空間的に局在する周期振動解である。このディスクリート・ブリーザーによって発生する局所的非調和振動(LAVs)が井戸型ポテンシャルの周期的変調を引き起こしてCCSを現象化させるというのが、ドビンコの描くコールド・フュージョンのストーリーである。

わかりやすく例えると、CCSは二つの原子の量子レベルの共振状態であり、その共振周波数に相当する振動がLAVsであり、ディスクリート・ブリーザーはそれを発生させる音叉ということになる。この視えない音叉によって発生したLAVsが特定の原子のポテンシャルを周期的に共振させ、古典的粒子として扱うことのできるポテンシャル内のガウス波束を相関状態へと誘導することになる。

このメカニズムはなかなか興味深いが、この理論が適用できるのは固体結晶のコールド・フュージョンだけであり、フリタージュ反応には適用できない。材質や形状によって音叉の周波数が変化するように、生体組織においてディスクリート・ブリーザーという概念は成立しないからである。

ドクターは常温核融合と元素転換反応はいずれもCCSによって生じていると主張しているが、ディスクリート・ブリーザーのメカニズムではそれはまず不可能である。いうなれば金属の音叉とゴムの音叉で同じ周波数の音が出せるというようなものだからである。われわれはCCSを超える独自の道を模索する時期にさしかかっているのかもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/01

V・V・ドドノフの理論

さて少し余興が過ぎたようだが、ここでドクターのCCS理論を再考することにしよう。

CCS理論についてはこれまでのフリタージュ会議におけるドクターの講演、そして『未来のフリタージュ』の中でその概要が示されているので、ここでそれを繰り返すつもりはない。しかしCCSはドクターが着想した概念ではなく、もともとはロシアの物理学者V・V・ドドノフが1980年代に展開した理論がベースになっている。

Img053ロシアの研究機関、レベデフ物理学研究所が1993年に発行した研究論文集『量子系におけるスクイーズド状態と相関状態』には、V・V・ドドノフとA・B・クリモフによる論文「量子的相関状態における物理的効果」が収録されている。

この論文の中でドドノフは、専門である量子光学の観点から理論的検討を行なっているが、相関状態にある波動関数としてのガウス波束の分散とポテンシャルバリアーの通過、および相関係数を含む有効プランク定数が結論的に導き出されている。この記述内容はCCSに関するドクターの論文にそのまま引用されており、ドクターが付け足したことといえばポテンシャルの膨張・収縮にともなうトンネル効果のシミュレーションだけである。

問題となるのは量子論のお遊びではなく、実際にCCSが現象化されうるのか、そしてフリタージュ反応のメカニズムとして機能しうるのかという点である。これについて次に検討してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/20

不可侵の領域

L・ラーセンのレポートは一見ドクターの研究を肯定的に評価しているように見える。しかしその記述に異和感を覚えない人間はフリタージュを追究する資格はない。

まず最初に、ラーセンは反応の起点となるSPP電子がどこで生じるのかを明記していないが、その反応プロセスに基づくとマンガンに表面プラズモン共鳴が生じると考えるのが妥当である。しかしメスバウアー実験では培養基の成分のマンガンは重水の中でイオン化しているはずである。すでに電子を失ってプラスイオンになっているマンガンに表面プラズモン共鳴が生じるという研究は寡聞にして聞いたことがない。

仮にイオン化していないマンガンからSPP電子が生じるとしても、培養基は重水なのでSPP電子は陽子ではなく、すでに中性子と結合している重陽子と反応することになる。重陽子に含まれている中性子はULM中性子とは異なるエネルギー状態であり、はたして共存しうるのかは非常に疑わしい。

またSPP電子と陽子が結合してULM中性子が生成されるには0.78Mevというエネルギーが必要になるが、ラーセンはこのエネルギーが260万個のATP分子によって供給されると述べている。

生体組織が解糖系・TCA回路・電子伝達系の様々な代謝反応を実行するのは直接的な生存エネルギーとなるATP分子を合成するためである。1個のULM中性子を作るために260万個のATP分子のエネルギーが使用されるというのは生体反応としてあまりにも非効率である。

メスバウアー実験で鉄57の原子が生成される個数の概算は以前に記したが、ラーセンが引用している大腸菌のATP合成率では1秒間に生成されるULM中性子は4個に過ぎないので、鉄57の原子は2個以下になる。このことからもラーセンがメスバウアー実験の論文を精査していないことは明白である。

またラーセンの反応プロセスではマンガンから鉄56が生成され、さらにそれが鉄57に転換するとされているが、もしそうなら鉄56と鉄57はほぼ同じ変動を示すはずである。しかしこれはレーザーTOFによるドクターの分析データとは矛盾している。

そもそも鉄56によって細胞内の鉄濃度が増加すれば、微生物はさらに鉄57を生成する必要はない。ラーセンは微量元素の生物学的アノテーションを全く理解していないので、このような反応式を偽装工作するしか能がないのだろう。

純粋な好奇心をもって生物学的元素転換を研究する志をもっている人は歓迎したいが、自分の理論やモデルを権威づけるためにフリタージュを利用しようとする者はこの領域に足を踏み入れることは許されない。その際にはわれわれは容赦なく手痛い教訓を与えることになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ラーセンの論点